坂上忍は競艇予想で負けて涙を流す!生粋のギャンブラーのエピソードや予想スタイルを紹介!

競艇 予想 坂上忍 競艇芸能人

競艇好きな芸能人は?と聞かれると「坂上忍」を挙げる方が多いのではないでしょうか?

坂上忍さんは大の競輪好きで年末に大金をつぎ込む事でも有名です。

また、競艇場のイベントでも予想トークショーを行うなど様々な競輪ファンから愛される存在です。

本記事では、そんな坂上忍さんの人物像やエピソード、予想のスタイルや過去の実績などを紹介していきます。

坂上忍はどんな人物?

競艇 予想 坂上忍

坂上忍さんは1967年6月1日生まれで、演出家、映画監督、司会者、コメンテーター、エッセイストと様々な分野で活躍するマルチタレントです。

そして、坂上忍さんは大の競艇好きとも知られており、年末に稼いだ大金を一気に競艇につぎ込むという事も有名な話でしょう。

そんな、坂上忍さんには数々の競艇にまつわるエピソードが存在します。

それらを詳しく見ていきましょう。

いつでも競艇に行けるように常に50万を持っている!

競艇 予想 坂上忍

坂上忍さんは競艇が好きすぎて、いつでも競艇に行ける様に常に財布の中には50万円の現金を入れているそうです。

2018年4月に放映されたバラエティ番組で芸能人の財布の中身をチェックする企画がありました。

その際、坂上忍さんの財布の中には50万円ほどの大金が入っていたのです。

その理由を尋ねられた坂上忍さんは「いつでも競艇に行けるように、常にこのくらい入れています」と答え、かなりの競艇好きという思いを披露しました。

1年間で稼いだお金を競艇につぎ込む

競艇 予想 坂上忍

坂上忍さんは、有名な話の通り1年間で稼いだお金を全て競艇につぎ込むと語っており、実際に毎年、年末になると競艇に大金を賭けて勝負をしています。

なぜ、様々なジャンルで活躍して稼いでいる坂上忍さんが競艇で勝負をする必要があるのか疑問ですよね。

その理由としては、坂上忍さんは手元にお金が残っていると仕事に対するモチベーションが上がらないため、年末に大金を競艇につぎ込む事によって、負けてしまっても来年も仕事をしっかりとして稼ごうという気持ちになるそうです。

逆に年末の大勝負で大金を掴んでしまった次の年はそのまま1年間仕事をせずに休養していたエピソードもあります。

坂上忍さんを知っている関係者からは坂上忍さんについて「ギャンブル好きというより生粋の博徒」と言われており、雑誌では博打の記事を各ほどでした。

お金を稼いでいるからといって貯金は一切せず、ギリギリのラインを生きていく姿は潔くカッコよくさえ思えます。

ちなみに、冷静でクールなイメージのある坂上さんですが、年末の競艇で負けてしまった時には「涙」を見せる事があるそうです。

負けた事に悲しみが出た訳ではありませんが、「生きている中で一番クズと思える瞬間」で自然と感情が湧いてきてしまうと語っています。

確かに、ギャンブルで負けてしまった時には明日からはギャンブルを辞めようなどと虚無感に苛まれるので、その気持はわかりますね。

坂上忍の予想スタイル

競艇 予想 坂上忍

坂上忍さんは基本的に競艇予想では、ちょっとした勝利を求めない予想スタイルです。

坂上忍さんは年末の大勝負で次の年に働かなくて良いくらい稼ぐ事を目的としています。

大金をつぎ込むからといって本命を狙うのではなく、穴舟券を狙い多額の払戻金を夢見ているのです。

そのため、1年間仕事をしなくも良いくらい稼げる年もあったり、数千万円という大金を1日で溶かしてしまう年も少なくありません。

坂上忍さんの予想スタイルから見ても男らしい生粋のギャンブラーということが分かりますね。

過去の的中実績

年末に大金をつぎ込む坂上忍さんですが、今までにどの程度勝ったのか、負けてしまったのかが気になるところです。

そこで、年ごと坂上忍さんがどの様な実績を残してきたのか見ていきましょう。

2014年は年明けに数千万円の的中を掴んでいた

競艇 予想 坂上忍

2014年の年末には毎年恒例の競艇勝負は行いませんでした。

坂上忍さんは2014年12月30日にフジテレビで放送されていた「われめdeポン」という番組に出演していて年末の競艇予想をすることができなかったそうです。

しかし、坂上忍さんは年末に競艇ができなかったため、年明けの平和島競艇場で大勝負に出ました。

この大勝負では見事に大穴を的中させ「当分働かなてくてもいいぐらいに勝った。」と語るほどでした。

正確な金額は分かりませんが、2014年といえば、坂上忍さんが再ブレイクした後なので、恐らく数千万円という払戻金を獲得したのが考えられます。

2015年末には1日で6,000万円の負け

競艇 予想 坂上忍

2015年の競艇予想では1日で6,000万円もの大金を失ってしまいました。

2016年の放送された関西テレビの「マルコポロリ!」や日本テレビ系の「しゃべくりセブン」にて、2015年に6,000万円もの大金を失った事を語っています。

1日で6,000万円と聞くと、「本当に賭けたのか?」「話題作りのためではないのか?」と疑問視する声も多くありました。

しかし、坂上忍さんが年末に大金をつぎ込むレースではオッズがかなり変動するため、本葉に6,000万円つぎ込んで負けてしまった可能性が高いです。

ちなみに2015年に大金を賭けたレースは「第30回グランプリ・SG」でした。

結果は1枠の山崎智也選手が1着、3枠の毒島誠選手が2着、2枠の石野貴之選手が3着という
全く荒れていないレースで3連単2,050円のオッズが付きました。

競艇では、このレースの様に配当が少なく荒れないレースが多くありますが、このレースで不的中となってしまった事からも坂上忍さんは、このレースで夢を見て大穴を狙ったのかもしれません。

2016年末には1億円の大勝負!

競艇 予想 坂上忍

坂上忍さんは年々、年末の勝負に賭ける金額が高くなっていますが2016年末には「1億円」の大勝負に出ると、フジテレビの「バイキング」で語っていました。

実際にどのレースで勝負に出たのかは分かりませんでしたが、ニュースやメディアなどで大金を掴んだという情報が出回っていなかったので、勝てる事はできなかったのかもしれません。

そして、年明けの日本テレビ系の「1周回って知らない話」の中で、年末年始のボートレースの勝負で「1,500万円負けた」ということを明かしています。

実際に1億円を賭けて勝負し、1,500万円の回収でトリガミになってしまったのかもしれませんね。

しかし、働かなくてもよくなるくらいの大金を狙う予想スタイルの坂上忍さんがトリガミする様な買い方をしているのは考えられないので、1億円を使わずに1500万円の勝負だったのかもしれません。

2017年末の結果は散々

競艇 予想 坂上忍

2017年の年末に開催された「第32回ボートレースグランプリ」でこの年は大勝負に出ました。

この年は坂上忍さんの特設サイトがオープンし、各レースの予想を公開していたそうです。

しかし、この公開されていた予想は、

・初日全敗
・2日目全敗
・3日目全敗
・4日目全敗
・5日目、最終日は数レースの勝ち

という結果でほとんどのレースで不的中という散々な結果を残してしまいました。

恐らく公開していた予想と同じ買い目を坂上忍さんが買っていたのでしょうから、かなりの金額を負けてしまったことが想像できます。

競艇好きとは言っても、これだけ的中率が低いこともあって、競艇ファンからは「逆神」と呼ばれ、坂上忍の予想の逆の買い目を買えば稼げるとまで言われてしまったのです。

2018年は過去一番の負け

競艇 予想 坂上忍

2018年の年末には「第33回グランプリ」で勝負にでました。

2018年12月23日には実際に住之江競艇場に来場し、自身の予想も披露していました。

しかし、この年も散々な結果に終わってしまい「ここまでひどい年はなかった」とまで話している事からも、1年間で数千万円という大金を失っているのかもしれません。

2017年もかなりの額を負け、続けて2018年も負けてしまったのにも関わらず、競艇を辞めないところを見ると、かなりの競艇好きということが伺えます。

2019年も不的中

競艇 予想 坂上忍

2019年の年末には住之江競艇場で開催された「SG第34回グランプリ」で勝負に出ました。

最終日となる22日に、坂上忍さんが第9R終了後に予想トークショーを行いました。

この予想トークショーで坂上忍さんはグランプリ優勝戦(第12レース)の予想を「石野でしょうがない。1からいくなら手広く買えないので」と1号艇の石野から1―3―2で1点勝負と予想を披露しました。

毎年多額の金額をつぎ込む坂上忍さんですから、1点勝負になると1点にいくら賭けていたのか気になるところです。

しかし、結果は「1-2-4」で3連単740円というガチガチのレース結果になってしまい不的中となってしまいました。

毎年大金を賭けた勝負に出ていますが、そこまで稼げている年がないので、あまり予想自体は信用しない方が良いかもしれませんね。

それでも、2020年の年末にはニュースに出てしまうくらいの大金を掴む事を期待しておきましょう。

まとめ

今回は競艇予想に大金をつぎ込むことでも有名な坂上忍さんについて紹介しました。

坂上忍さんはクールで毒舌なイメージを持っている方が多いですが、生粋のギャンブラーで競艇に対する愛情は誰よりも高いかもしれません。

ちなみに、坂上忍さんのお父さんも競艇好きだったので、その影響もあって坂上忍さん自身も競艇好きになってしまったのかもしれませんね。

毎年年末に大金をつぎ込む予想は競艇ファンからは恒例行事になっていますが、実際に見事に的中させて大金を獲得した実績が少ないので、あまり予想の実力が高くないのも事実です。

競艇ファンに言われている様に「坂上忍の逆を買え!」というのはあながち間違っていないかもしれないので、変わった予想の方法として「坂上忍の逆を買う」という予想も面白いかもしれません。

坂上忍さんは様々なメディアでお金を稼いでいるので、ここまでの大金を使っても問題ないのかもしれませんが、一般的な人が坂上忍さんの様な買い方をしてしまうと痛い目を見るので気をつけましょう。